HOME >> 研究室日誌 >> 2017年06月

Monthly Archives: 6月 2017

6月29日

Sonica DACの進捗についてオーディオ仲間に報告したところ、A氏から試聴したいとの希望があり、A氏邸で試聴を行うことにしました。しかし、A氏邸ではネットワーク環境が整備されていないので、機器を持ち寄りで行うこととし …続きを読む→

6月26日

上新電機で開催されたソウルノートのDAC新製品の試聴会に行ってきました。新製品のDAコンバーターD-1を PMC Twenty 5シリーズのスピーカーで聴くという試みです。D-1は現在使用中のSonicaと同じく、ESS …続きを読む→

6月23日

例年どおりグランキューブ大阪で開催されたサウンドフェスタ2017に行ってきました。ほとんどはプロ用の機器の展示や説明会であって、アマチュアオーディオマニアの理解の範疇を超えるものでしたが、例年訪れているブースについて、別 …続きを読む→

6月22日

クレデンザコンサートに行ってきました。今回は、ホロビッツ/トスカニーニ/NBC饗で1941年録音のチャイコフスキーのP協奏曲(下掲写真は盤違いのもの)です。レンジはせまいものの、音量も十分すぎるくらいで、ホロビッツ/トス …続きを読む→

6月18日

ユベール・スダーンのモーツアルトの旅の演奏会に行ってきました。演奏曲はオールモーツァルトプログラムで以下のとおりです。今回の白眉は何と言っても、両脚を巧みに使って演奏をするホルン奏者フェリックス・クリーザーによるホルン協 …続きを読む→

6月12日

川西市の満仲ホールで開催された、カール・ハインツ・シュッツのフルートとシャルロッテ・バルツェライトのハープのデュオ・リサイタルを聴いてきました。演奏曲は下記のとおりです。満仲ホールは初めて聴くホールですが、なかなか良いホ …続きを読む→

6月11日

ハインツ・ホリガーのオーボエトリオの演奏を聴いてきました。演奏曲は次のとおりで、東西のリード楽器集合の演奏会です。 ベートーヴェン:2本のオーボエとイングリッシュホルンのためのラ・チ・ダレム変奏曲(モーツァルト『ドン・ジ …続きを読む→

6月8日

ST氏とともにM氏邸を訪問してきました。最近では、電磁波吸収シートによるチューニングを実施されたとのことでした。詳細は試聴会・訪問記のページで報告いたします。また、ST氏には当方のSonica DAC導入後の進捗について …続きを読む→

6月7日

「マンドリンとチェンバロ 2つの撥弦楽器Ⅱ」と題して、撥弦楽器のデュオのコンサートに行ってきました。昨年の6月15日のチェンバロコンサートでも、同じ演奏者によるデュオの演奏がありました。 出演: 中田 聖子(チェンバロ) …続きを読む→

6月4日

シマムセン開催されたB&Wの800D3の試聴会にB&Wの最新の最上位機種ということで期待して行ってきました。ディジタルプレイヤーはマランツのSA10、アンプはMark LevinsonのNo.52とNo. …続きを読む→

6月1日

イタリアのバロックアンサンブルの新イタリア合奏団のコンサートに行ってきました。演奏曲は以下のとおりです。 J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV1068(弦楽合奏版) J.S.バッハ:3つのヴァイオリンのため …続きを読む→